イギリスでカパティー

A Cuppa Tea in the UK 海外生活を綴るブログ

【人材紹介会社】イギリスワーホリでオフィスの仕事探し

f:id:pecora_baabaa:20200814051417j:plain

こんにちは!ぺこらです (・ω・)

私は、ワーホリの半ばあたりからオフィスワークを探し、1年ちょっと働きました。

仕事探しにあたっては、日系の人材紹介会社に登録して、仕事を紹介していただきました。

今回は、人材紹介会社への登録から仕事に就くまでの流れと、その時に気付いた職探しのポイントについて書いていきます!

人材紹介会社にCV(履歴書)を登録する

日系の人材紹介会社

代表的な会社は下記の通りです。MixB にも求人を載せていらっしゃいます。

こちらに登録すると、ロンドンにある日系企業を中心に紹介いただけます。

業種にもよりますが、取引のある会社に多少違いがあるようです。

私はとりあえず、全てにCVを送りました(返事がない会社もありました)。

日本語で、しかも無料でサポートいただけるので、イギリスでの職探しがよくわからない場合も安心です。

ワーホリですと期限があるので、現地求人サイトなどでは仕事が見つけにくい場合もあります。

紹介会社を使えば、YMS向けの求人が見つけやすいです。

CVは英語で用意するのがおすすめ

紹介会社のホームページにある登録画面で、CVを提出します。

日本語の職務経歴書でもOKですと書いている会社もありますが、追々英語で出す必要はあるので、英語CVを作成しておくことをおすすめします

下記は、作成の際に参考となるサイトのリンクです。

ちなみに Monster はイギリスの方が職探しでよく使っているサイトです。名前がすごいけど

私は、サイトを参考に自分なりにCVを作成し、最終的に英会話の先生に文法などの間違いがないか、より良い表現はないかをチェックしてもらいました。

CVは日本で準備しておき、イギリスに行ってからアルバイトの応募などにすぐ使いました。

CV作成上のポイント

  • ビザの種類と期限を明記
    ビザの種類 (Tier 5 Youth Mobility Scheme) と期限をCVに記載してください。
    オフィスワークの場合は、残期限1年以上を求められることが多いです。
    オフィスワークに就きたい場合は、早めに動きましょう!
  • 業務経験を幅広く書く
    個別に企業へCVを提出する場合は、その募集要項に合わせたCVを作成します。
    紹介会社へ登録した場合、応募先企業へのCV提出は紹介会社が行います。
    その際、必要に応じて応募先企業にマッチした内容を抜粋して提出してくださいます。
    私は、希望する職種や業種で役立ちそうな業務経験を、幅広く書きました。

条件などを伝える

CVを提出すると、後日紹介会社から連絡が来ます(残念ながら来ない場合もあります…)。

仕事を見つけやすくするポイント

仕事を見つけやすくするには、前職と似た業種や職種を希望するのがいいと思います。

イギリスで未経験の仕事に挑戦したいな!という人もいるかもしれませんが、イギリスは経験者採用が中心ですので、未経験の仕事に就くのはなかなか難しいです。

(イギリスでは就きたい仕事に合わせて大学の専攻を選ぶのが主流のため、採用にあたっても、大学で専門性を身につけてきたかどうかを問われるようです)

応募先企業の求める人材像に、自分の経験をうまく結びつけてください。

イギリス人の同僚に私の大学専攻を言うと、就いた仕事と全く違ったので、「なんで専攻の方の仕事をしないんだ?!」と驚かれました(笑)
日本は専門職でない限り、会社に入ってから教育される場合が多いので、専攻と職種が合っていないことが多いですよね…

時間帯や曜日

希望する勤務時間帯や曜日を伝えます。

オフィスワークの場合はほとんど平日の朝から夕方ですが、それにこだわらなければより仕事が見つけやすくなります。

勤務開始可能日

いつから働き始められるかを伝えます。

もし登録の時点で何かの仕事に就いている場合、その仕事を辞めるのにどれくらいかかるかも伝えます(1ヶ月前に申請しなければならないなど)。

年収

登録の際に、希望年収を聞かれます。

イギリスは月収ではなく、年収を基本に考え、年収÷12が毎月の給料になります。

MixBにある求人などを事前に見て、希望する仕事の給料相場を確認しておきましょう。

日本とイギリスでは税制度などが異なりますので、何も調べず日本と同じ給料水準で考えると、給料減になる場合もあるかもしれません。

仕事に応募する

仕事の紹介

条件に合う会社があれば、紹介会社がいくつか候補を出してくださいます。

内容を聞いて、興味があれば応募してみましょう!

応募したい旨を伝えると、紹介会社が応募先企業にCVを提出してくれます。

それ以外にも、MixBなどの広告を見て、気になる仕事があれば応募が可能か聞いてみましょう。

面接

応募先企業に興味を持っていただければ、紹介会社経由で面接の連絡が来ます。

面接にあたっても、紹介会社からアドバイスをいただけたり、英語面接で不安がある場合も相談に乗っていただけます。

なお、面接はスーツで受けます。

H&Mなどに手ごろなスーツがあると思いますが、日本で使っていたものがあるなら持ってきた方が、探す手間が省けてよいかもしれません。

面接にあたっては、下記のようなサイトを参考にしました。

面接の流れと質問~必ず聞かれる5つの質問と回答例文~ |転職ならdoda(デューダ)

質問にもよりますが、個人的には結論→具体例→応募先企業の業務につなげるというような感じで受け答えしていました。

英語については、日本語での回答を英語でどう言うのか考え、練習しました。 

採用決定までの流れ

  1. 面接は1社につき2〜3回(例:直属の上司→幹部レベル→人事など)
    日系企業の場合は、どこかで英語面接がある
    (丸々1回もしくは面接が途中から英語になるなど)
  2. 毎回面接後に、紹介会社側へ報告
    面接で聞かれた内容や、引き続き選考を進めたいかについて
  3. 紹介会社を介して採用通過連絡が来る
    面接に合格した場合、次の面接の連絡が来る
    (不合格の場合は来ないことが多い)
    最終面接に受かった場合は、その後の手続きについて連絡がある 

オファーを受ける

最終面接に合格し、めでたくオファーが来た場合は、給与や条件について紹介会社から連絡が来ます。

もしそこで気になる点があれば、紹介会社が間に入って交渉してくださいます。

勤務開始日も、紹介会社を通して交渉します。

番外編:前の職場の連絡先を確認する

イギリスでオフィスワークに就くと、レファレンスの提出を求められます。

これは紹介会社関係なく、主にオフィスワークのオファーを受けた場合に発生します。

レファレンスとは、以前勤めていた会社の在籍確認と、場合によっては評価を確認するものです。

ですので、直近に勤めた2〜3社の人事(または上司)の連絡先を入手しておいてください。

流れはこんな感じでした。

  1. 前の職場の人事(または上司)に、オファーを受けた会社からのレファレンスに回答してもらえるか打診する
  2. OKがもらえたら、オファーを受けた会社へ、前の職場の連絡先を教える
  3. オファーを受けた会社から前の職場へレファレンスが直接送られ、前の職場の担当者が回答

私はレファレンスとして2社求められたのですが、日本ではずっと同じ会社だったので1社しかなく、直前までバイトしていたイギリスのレストランの店長にお願いしました。

このレファレンスの制度、私が「もっと早く知りたかった〜!」って思ったことです(笑)。
というのも、退職時に「全く別の業種に行きます」って言ってたんです(先に辞めた同期が、引き留めにあったと聞いたので)。
人事や上司には、割と似たような業種だということがわかったと思うので、ちょっと気まずかったです。。。

仕事を見つけやすくするには

今回は、イギリスで人材紹介会社を使う際の流れとポイントについて書きました。 

仕事を見つけやすくするには、下記2点が重要かと思います。

  • ビザ期限が1年を切る前に探す
  • 今まで経験した仕事に近いものを探す

時間も限られているので、早め早めに動きましょう!

職探しのサポートは紹介会社を通して色々と受けられますので、それまでは今からできる

  • 今までの経験を棚卸してCVを作成する
  • 英語力の強化

こういったことから準備を初めてみてください! 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

役に立った…!と思っていただけたら、下のバナーを1日1回クリックいただけると嬉しいです( ´∀`)
現在の順位は、クリック後に表示される画面で確認できます

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ
にほんブログ村