イギリスでカパティー

A Cuppa Tea in the UK 海外生活を綴るブログ

【裏技?もあり】グリニッジ天文台で本初子午線を跨ぐ

f:id:pecora_baabaa:20200826014237j:plain

こんにちは!ぺこらです (・ω・)

今回は、グリニッジ天文台とその周辺をご紹介します。

グリニッジというと、本初子午線(経度0度0分0秒)が通るところとして、学校の社会の時間に習ったと思います(記憶の彼方)

グリニッジに行けば、その本初子午線を跨ぐことができます

跨ぐには、チケットを買って博物館に入る必要があるのですが、後ほど裏技?も紹介します。

ZONE2に位置しているのでロンドンの中心地からも行きやすく、眺めもいいので座ってゆっくりするのもいいと思います!

グリニッジ天文台

グリニッジ天文台の場所

DLR線(ゆりかもめ的な電車)Cutty Sark for Maritime Greenwich 駅から徒歩約15分です。

昔の王立天文台なので、眺めの良いところにあります。すなわち…途中坂道がありますが、登り切ったところの景色は最高です!

f:id:pecora_baabaa:20200826014159j:plain

グリニッジ天文台のチケット価格

2020年8月時点ではコロナウイルスの影響で時間指定の予約制になっています。

Royal Observatory(旧王立天文台)のみに入るチケットと、Royal Observatory と Cutty Sark (最寄り駅の近くにある、昔紅茶を運んでいた船の博物館)の入場がセットになった  Royal Museums Greenwich Day Pass があります。

2020年8月時点の価格はこちら↓

  • Royal Observatory
    大人:£16
    こども:£8
  • Royal Museums Greenwich Day Pass
    大人:£25
    こども:£12.5

Royal Observatory | Visit Royal Museums Greenwich

f:id:pecora_baabaa:20200826014228j:plain 

グリニッジ天文台の展示

天文台の中には、様々な展示があります。世界中の時刻の基準になっている場所なので、時間に関する展示がされています。天体を観測してどのように時間を知ろうとしたか、時計がどのように発展していったかというようなことがわかります。

今では当たり前に時計を使っていますが、昔の人の試行錯誤が垣間見えて興味深かったです

f:id:pecora_baabaa:20200826014116j:plain

Time Ball という赤い玉
12時55分くらいから上がって、13時に下に落ちます
下で停泊している船に、時間を知らせる意味があったそうです

本初子午線

チケットを買ってグリニッジ天文台の中に入ると、世界の時刻の基準である本初子午線を跨ぐことができます!

観光シーズンは、跨ぐにも結構な行列ができているのですが、コロナの影響で入れる人数が制限されているので、人があまりいませんでした。

f:id:pecora_baabaa:20200826014205j:plain


地面には主要都市の経度も書いてあります。出身国のところに爪先をあわせて、跨いだ足元の写真を撮るのが定番となっています。右下にTokyo!

f:id:pecora_baabaa:20200826014110j:plain

 

[裏技?] 本初子午線を無料で跨ぐ

本来、博物館に入らないと本初子午線を(わかるように)跨ぐことができないのですが、中の展示を見ている時間がないという場合や、旅費を節約したい場合もありますよね。

実は無料で本初子午線を跨ぐこともできます

24時間時計の右側にある柵の向こうの小道にも、本初子午線があります。

f:id:pecora_baabaa:20200826014212j:plain

 

 

こちらが、無料版本初子午線です…!

↓↓↓

 

 

f:id:pecora_baabaa:20200826014218j:plain

さりげない!

特に装飾はなく、線が引いてあるだけのシンプルなものです。

狭い通路なのですが、観光シーズンは人でいっぱいです。ただ、こちらもコロナの影響で、全然人がいませんでした。来ていた人は、じっくり写真を撮っていました。

まさかの事実

ただ、ここでお知らせをしなくてはなりません…

 

実は喜んで跨いでいた本初子午線…

 

 

  

ズレています _:(´ཀ`」 ∠):

 

この本初子午線は昔のものであり、今は測定技術が発達して、この線の位置ではないことが判明しています。でも、思い出にもなるし、ネタにもなるからいいんじゃないでしょうか(笑)。

ちなみに、本当の本初子午線は下記の地図のあたり縦一直線上です。昔の本初子午線から東に100mくらい行ったところです。目印などは特にないです(笑)。

The Pavillion Cafe

坂道を登ったり、展示を見たりして疲れたら、一休みしましょう。天文台のすぐそばに、The Pavillion Cafe があります。

f:id:pecora_baabaa:20200826014121j:plain

訪問時はコロナウイルスの影響で、一方通行になっていました

 

f:id:pecora_baabaa:20200826014127j:plain

 

セルフサービスのカフェなので、カウンターで注文します。注文したものが出来上がったら、屋外のテーブルへ運びます。

f:id:pecora_baabaa:20200826014135j:plain

パウンドケーキもたくさんありました

ピクニック気分で気持ちがいいです。

でも天気がコロコロ変わりやすいのがイギリス…雨が降ってきたら木陰に避難しましょう。

f:id:pecora_baabaa:20200826014144j:plain

屋外なので密がなくて安心

 

f:id:pecora_baabaa:20200826014152j:plain

綺麗な薔薇も咲いていました

最後に

ロンドンからもすぐに行ける、グリニッジ天文台を紹介しました。

ウォーキングしたり、グリニッジのことについて学んだり、カフェで一息ついたり…いろんなことが楽しめるところですよ♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

役に立った…!と思っていただけたら、下のバナーを1日1回クリックいただけると嬉しいです( ´∀`)
現在の順位は、クリック後に表示される画面で確認できます

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村