イギリスでカパティー

A Cuppa Tea in the UK 海外生活を綴るブログ

【渡航前準備まとめ】YMS当選後にやったこと

f:id:pecora_baabaa:20200925045937j:plain

こんにちは!ぺこらです (・ω・)

YMSに当選したけど、具体的に何を準備したらいいんだろ?

今回は、私がYMS当選後から出発まで、どんな準備をしたかまとめてみました。

準備を進める際の参考になれば幸いです。

【締切までに】ビザ申請

最初でいきなり最大の山場です…!

私は、申請に関してエージェントは使わず、下記サイトを参考にして自力でやりました。

https://workingholiday-net.com/UnitedKingdom/visa/evisa/Lottery.html

手順などが詳しく載っているので、大変助かりました。

これを自力でやっておいたことにより、配偶者ビザ申請の際に理解が早かったように思います。

(参考)出発日と滞在先

私の場合、出発日は会社の退職予定日の1ヶ月半後にしました。理由はただなんとなく…でしたが、友達と遊んだり旅行したりできて、自分にはちょうど良かったと思いました。

私は退職時に会社から「離職票や源泉徴収票などを10日くらいで送ります」と言われたのに全然届かず、結局20日後ぐらいになっていました(もちろんもっと早くもらえる会社もあります)。もし間に合わなければ代理人を立てて出国すればいいのですが、日数に余裕があれば代理人の負担を減らすことができます。

滞在先は、出国前に1ヶ月ほど短期滞在できるところを予約し、その1ヶ月の間に長期滞在できる部屋探しをしました。イギリス国内での部屋探しについては下記記事に書いています。

【パスポート受領後】航空券購入

航空券は必ず、 ビザセンターでパスポートを受け取ってから手配しましょう。

安いからと先走って買うと、ビザ発行が思うように進まなかった時に困ります。

また、コロナ禍においては、経由地により到着後隔離が必要だったり、経由地によってはイギリスへの入国が出来なかったりする場合がありますので、状況は常に確認しましょう。

私は荷物が多かったので、ロストバゲッジを恐れてマイルを使い東京からの直行便(大阪から日本国内での乗り換え)にしました

【必要に応じて】語学学校手配・英語学習

語学学校で勉強したい場合は、事前に手配しておくことも可能ですし、到着後に考えてもいいと思います。

語学学校を選ぶ際に考慮した方がいいことについてはこちら↓

また、語学学校ではなくオンライン英会話を使うことにより、仕事と同時進行で勉強することもできます。ギリギリの費用で行く場合は、それも選択肢の一つではないかと思います。

私もワーホリ中盤は、仕事終わりにオンライン英会話をしていました。

またスキマ時間の独学として、Amazon audible(オーディブル) も使えると思います。洋書のラインナップもありますので、通勤通学中や家事、YMS の出発準備をしながらでも、英語リスニングと読書ができます。無料体験で、気軽に試してみてください。

【当選後すぐ〜】病院(特に歯科)に行く

イギリスに行く前に、自分をメンテナンスしておきましょう(笑)。

私は、歯科と眼科、健康診断(一般と婦人科)に行きました。

その他気になる症状は早めに解決しておくといいと思います。

歯科

歯科は治療に時間がかかる場合もあるので、なるべく早めに行っておいた方がいいです。歯科に行っておくべき理由は、下記3つです。

  • 通常のワーホリ保険で歯科は適用対象外
  • イギリスでNHS(イギリスの健康保険制度)を利用しても、歯科は有料
  • 歯科医の腕や歯科技術は、日本の方が遥かにレベルが高い

眼科

ソフトコンタクトレンズをまとめて買っておこうと思い、眼科に行きました。ただ制度的に、一度に半年分しか購入できないと言われました。

ですので、下記のどちらかのパターンになると思います。

  • 国産メーカーのコンタクトレンズを使っていて、そのメーカーでないと困る
    →処方箋が有効なうちに何回かに分けて買う
  • 海外メーカーのコンタクトレンズを使っているか、メーカーにこだわりがない
    →日本から数ヶ月分だけ持参し、あとはイギリスで買う

イギリスで買う場合は、下記記事を参考にしてください。

【3ヶ月前〜】ワーホリ保険の検討

ワーホリ保険は、3ヶ月前から加入できるところが多いです。海外に出てしまってからでは加入できないところがほとんどなので、入るのであれば出発前に手配しましょう。

イギリスは健康保険制度 NHS があって、医療費が基本無料(眼科と歯科は有料)だから、加入する必要あるのかな?

検討する際は、下記を考慮に入れるといいと思います。

  • 日本語の通じる病院に行きたいか
  • 気になる症状があったときに、すぐに病院にかかりたいか
  • 盗難補償、個人賠償責任補償、緊急帰国費用のカバーが欲しいか

NHS では、英語で症状を説明する必要があります。どんな症状で受診するかわかりませんが、ものすごくしんどい時に英語で説明できそうか?という観点で考えてみるといいかもしれません。

また、NHS では日本のようにすぐに受診できず、基本的に予約制です。そしてその予約が2週間先になることもザラにあります。まずは総合医 (GP) に診てもらい、その後専門医の診断が必要であればまた別途予約、というような流れです。

不安なまま何週間も待たされたくない!ということであれば、保険に入って私立病院(Private 日系病院含む)に診てもらった方が、場合によっては即日検査も可能です。

病院面以外でワーホリ保険が役立つのは、盗難や緊急帰国費用もカバーされるプランがあるということだと思います。ワーホリ中にカメラやPC、スマートフォンを盗まれた話は、結構聞きます(何人かの友人も盗まれていました…)。

私は結局保険に入っておきました。2年目で止むを得ず日系病院を使うことになりましたし、緊急帰国もすることになってしまいました

【3ヶ月前〜】お金を持参する手段の検討

f:id:pecora_baabaa:20200902070016j:plain

貯めた日本円をイギリスに持参する方法と、イギリス到着直後どれくらいお金がかかったかは、下記にまとめています。

【1ヶ月前〜】携帯電話関連の検討

日本の携帯電話については、下記のような検討が必要かと思います。

  • SIMフリー化(オンラインで実施すると無料でできる会社も)
  • 携帯電話の番号を保持するか、休止するか、解約するか
  • 携帯電話本体の割賦をどうするか

特に料金系は複雑なので、契約している携帯電話会社と確認した方がいいと思います。

私の場合は、本体の分割支払いが残っていたので、(いつでも使える状態で)保持、休止、解約の場合のそれぞれの料金をシミュレーションしてもらいました(めんどくさくてごめんやで…店員さん)。

結果、電話番号の休止を選びました。休止の場合、申し込んだら即日実施と言われたので、出発前日に手続きしました。

なお、ワーホリに良さそうなイギリスの携帯電話キャリアについては、下記にまとめています。

【必要に応じて】運転免許証の更新・国際免許証の発行

ワーホリ中に運転免許証の期限が切れるのであれば、更新月でなくても更新可能です(ただ、有効期限が短くなります)。

また、国際免許証が必要そうな場合は、1年間分は発行できます。管轄の運転免許センターの情報を確認してください。

完全なるペーパードライバーですが、何かの身分証明に使えるかなと思い、一応作っておきました

【徐々に】持参物の買い物

常備薬や日本食、服など、必要そうなものを揃えます。

服に関して個人的な感想ですが、夏服はあまり持ってこなくていいと思います。暑い日は日本と比較して少ないです。

雑貨関係は下記の記事を参考にしてください。

【2週間前〜】役所関連の手続き

もし住民票を抜くのであれば、直前になって怒涛の役所回りが始まります。

住んでいるところや個人の事情が大きく絡んできますので、項目だけ書いておきます。一般的な事項については、後日まとめたいと思います。

  • 海外転出届
  • (準)確定申告
  • 国民健康保険
  • 国民年金
  • 住民税

【1週間前〜】美容院に行く

美容院に行って、しばらくケアしなくても大丈夫な状態にしていきましょう。

現地の美容院に行って、アジア人の毛質を知らない人に長い髪を切られると、すち子状態になります(関西人にしか伝わらない)。

日系の美容院に行くと、流石にきれいに仕上がりますが、カットだけで7000〜8000円近くしました(女性の場合)。カラーやパーマをつけると大変なことに…高くてしょっちゅう行っていられませんでした。

地毛の色、無難な髪型、パーマなし、ならイギリスでも安上がりです。

なお、イギリスにもセルフカラー剤はあります。イギリスでセルフカラーをした時の体験談は、下記を参照してください。

【最大限】大切な人に会っておく

隙あらば、大切な人には可能な限り会っておいてください!

出発直前は、準備しつつ飲み会などがあって、結構忙しかったです(笑)。

私はこれをやっていなかったら、本当に後悔したと思います。もう会えなくなるなんて想像できないほど、元気だったのに。

大切な人たちがずっと元気なのが一番ですが、後悔してほしくないので伝えさせていただきました。

まとめ

最後に、今回ご紹介した内容は下記の通りです(項目をクリックすると説明に戻ることができます)。慌てず順番に、少しずつやっていけば大丈夫だと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

役に立った…!と思っていただけたら、下のバナーを1日1回クリックいただけると嬉しいです( ´∀`)
現在のランキング順位は、クリック後に表示される画面で確認できます

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ
にほんブログ村