イギリスでカパティー

A Cuppa Tea in the UK 海外生活を綴るブログ

【ロンドンエリア紹介:3つの観点】イギリスワーホリの家探し

f:id:pecora_baabaa:20201008005648j:plain

こんにちは!ぺこらです (・ω・)

住むところを探したいけど、土地勘がなくて、どこがいいのかよくわからない…

YMS の時にロンドンで部屋探しをしたときの経験から、今回はエリア比較に役立つ3つの観点について紹介したいと思います。

  • 東西南北
  • 自治区 (Borough)
  • 地下鉄のZONE

順番に書いていきますので、家探しの参考にしてください!

なお、家を探す場合は、下記のサイトで探すことが多いです。

ロンドンのエリア【東西南北】

テムズ川を境に南北、シティ(企業などの多い中心地)を境に東西で、大まかに分けて呼ぶことがあります。

シティはこの辺り↓

ざっくり言うと、ロンドン初心者の方には、北や西がオススメです。Finchley, Acton, Ealing など、企業が駐在員を住まわせるような、比較的治安がいいところが多いです。

西は特に、日本食品店や日系病院が近いです。食品に関しては、納豆など冷凍になっているものがあるので、家が近い方が持って帰りやすいと思います。また、体調が悪くなっても、遠くの病院まで移動しなくて済むので安心です。

日本人が多すぎるところはちょっとな…と思う場合は、北がいいかもしれません。少し日本人率が減ります。

Finchley, Acton, Ealing, Camden(マーケット周辺は除く), Hampstead, Archway, Angel など、北も西も少し家賃が高めなのが難点です…。

海外経験がある方は、場所によっては東や南でもいいかと思います家賃が安めです。

かつて東や南は治安が悪いと言われていましたが、2012年のオリンピックを期に再開発が進んで、今では一部治安が改善しているところもあります。

(Hackney, Brixton, Elephant & Castle, Lewisham, Peckham などは、特に危険なエリアとして有名だったようですが、新しい建物が出来てきています)

アーティスト的な若者が多いところもあるので、そういった雰囲気で暮らしたい場合にはいいと思います。

ただ、若者が多い分騒がしかったり、周辺には以前の雰囲気を感じさせるところがあったりもするので、内見のついでに周りを歩いた印象で決めるのがいいと思います。

ちょっと雰囲気がおかしいな?と思ったところでは、歩いているだけで大声で捲し立てられたことが2回ありました…実害はなかったですが、気を付けてくださいね!

ロンドンのエリア【Borough 自治区】 

f:id:pecora_baabaa:20201009065712j:plain

ロンドンは、32の自治区に分かれています。

YMS 中はあまり意識することはないかもしれませんが、プリンターを借りに図書館に行く時などは、自分が住んでいる自治区のところに行くことになると思います。

毎年、犯罪率が高い自治区をまとめているサイトがありますので、参考までに見ておくといいかもしれません(観光客がスリに遭うことなどが多いので、そういったエリアが上位に入る傾向にあります)。

THE TOP 10 MOST DANGEROUS LONDON BOROUGHS

ロンドンのエリア【地下鉄のZONE】

利便性や交通費を知りたいときに注目します。

ZONE 1 が中心地、数字が大きいほど中心地から離れます(下記リンク参照)。
http://content.tfl.gov.uk/standard-tube-map.pdf

ZONE 1 には観光スポットが集中しているので、遊びに行くことも多いと思います。

仕事をする場合も、求人が多いのは ZONE 1 です。基本的にイギリスの仕事は交通費補助がない場合が多いので、家から仕事場が近い方が交通費節約になります。

f:id:pecora_baabaa:20201009070003j:plain

ロンドンの地下鉄運賃は日本と違って、駅数ではなく ZONE によって決まります。定期券 (Travel Card) を買えば、ZONE 内は乗り放題になります。

2020年10月現在は、下記の値段になっています(他の ZONE パターンの Travel Card もありますが、抜粋しています)。

ZONE 1ヶ月定期 日本円
ZONE 1-2 £138.70 約19,000円
ZONE 1-3 £162.90 約22,000円
ZONE 1-4 £199.30 約27,000円
Bus Pass(ZONEは問わず) £56.90 約7,800円

25歳以上の最低賃金が £8.72 なので、交通費を安くしたい場合は、地下鉄ではなくバスを使うといいと思います(時間が読めないのが難点ですが…)。

ZONEが離れていて家賃が安くても、結局交通費がかさんでしまう、ということになったりするので、家賃だけでなく交通費も意識してみてください。

内見時のチェックリスト

エリアを絞って、いい部屋を見つけたら、内見に行きましょう。

決まった時間にしかお湯が出ない家、電気がコイン式…など、日本にはない観点で確認した方がいいこともあるので、下記のチェックリストも参考にしてください!

pecora-baabaa.com

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

役に立った…!と思っていただけたら、下のバナーを1日1回クリックいただけると嬉しいです( ´∀`)
現在のランキング順位は、クリック後に表示される画面で確認できます

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ
にほんブログ村

スキマ時間に「聴く読書」、しませんか?
Amazon audible なら、通勤時間、料理中、お風呂の時間などなど…本を持ち運ばずに読めるので、時間を有効活用できます!(疲れ目の時にも助かる…)
まずは無料体験で試してみてください → Amazon audible(オーディブル)