イギリスでカパティー

A Cuppa Tea in the UK 海外生活を綴るブログ

Parcelforceに関税を支払った際の流れ・金額【いくらかかる?】

f:id:pecora_baabaa:20210107063921j:plain

こんにちは!ぺこらです (・ω・)

先日、小包に関税を請求されました。。。

今回は、日本からイギリスに届いた小包関税を支払った際の流れと金額について書いていきます。

※ 2021年1月現在の情報、Parcelforce での関税支払です

関税ってどんな場合に支払わないといけないの?どれぐらいかかるの?

と気になっている方の参考になれば幸いです。

イギリスの(日本でいうような)郵便局には、Royal Mail(郵便)と Parcelforce(小包宅配)があります
日本の郵便局から送られた荷物は、大きさ等により上記2つのどちらかが配送を担当します

関税がかかった小包の内容と金額

f:id:pecora_baabaa:20210107074058j:plain

今回関税がかかった小包の内容は、約 £215(約3万円)相当の衣料品でした。

そして、関税は約 £73(約1万円)でした…。

今回かかった関税の内訳

  • Import VAT 約 £56
  • Customs Duty 約 £5
  • Clealance Fee 約 £12

それぞれの解説については、以下に書いていきます。

まぁ引っかかるだろうなとは思っていましたが…関税を支払うのはこれが初めてでした

日本からイギリスへ送られた小包の関税

どんなお金がかかる?

主に Import VAT や Customs DutyClealance Fee がかかります。

今回はこの3つについて書いていきますが、これらの他、手続きをせずに放っておいた場合には保管料がかかったり、内容物や運送会社によってはもっと別の費用がかかる場合もあります。

関税がかからないように送ってほしい!という場合は、日本にいる送り主に以下のような条件があることも伝えておくといいと思います。

Import VAT

下記のような場合には、VAT(付加価値税、日本でいう消費税のようなもの)がかかります。

  • gifts worth more than £39
  • other goods worth more than £15
  • alcohol, tobacco products and fragrances (eg perfume, eau de toilette and cologne) of any value

引用:https://www.gov.uk/goods-sent-from-abroad/tax-and-duty

基本的には品物の代金(送料や保険料も含む)に対して 20% ですが、品物によっては軽減税率が適用されます。

一番最初に書いた、今回請求された Import VAT は、品物の代金(約 £215)に 20% をかけた金額にはなっていません。

上述したように、送料や保険料を含んだ値に 20% かけたくらいの金額になっていそうです。

贈り物や中古の場合は関税がかからないというような噂も聞いたことがありますが、基本的には関係ないようです

Customs Duty

VATに加え、内容物が高額な場合は Customs Duty がかかります。

品物の代金(送料や保険料も含む)によって税率が変わります。下記をご確認ください。

  • Anything under £135
    No charge
  • Gifts worth £135-£630
    2.5%, but rates are lower for some goods - call the helpline
  • Gifts above £630 and other goods above £135
    The rate depends on the type of goods and where they came from - call the helpline

引用:https://www.gov.uk/goods-sent-from-abroad/tax-and-duty

Clealance Fee

手続きに関わる手数料です。

£873 以下の小包は £12、£873 を超える場合は £25 の Clealance Fee がかかります。

便宜上この記事では、これらをまとめて「関税」と書きたいと思います

どんな場合に関税がかかる?

上記の条件に当てはまる場合には関税がかかる可能性があると考えた方がいいですが、条件に当てはまっても関税支払を求められない場合もあります

正直、何を基準にしているのかは不明です。内容の価値が高いものを選んでいるのか、業者との取引かどうか、ランダム抽出か…いろんな方の話を聞きますが、基準はあまりないにも思えます。時期にもよるのでしょうか。

今まで関税を支払ったことがない人もいますし、毎回のように関税を請求される人もいます。

いずれにせよ、上記の条件に当てはまる場合は、関税を支払わなければならないかもしれないと考えておきましょう。

関税を支払った際の流れ

f:id:pecora_baabaa:20210114004253j:plain

  1. 小包の追跡ページに、関税請求の手紙が送られる旨表示される
  2. 関税の金額と支払い方法に関する郵便が自宅に届く
    (追跡ページを見ていない場合はここで気付く)
  3. 指定された金額を支払う
    (オンラインが早くて便利)

追跡ページでの確認 (Track your parcel)

関税を支払うことになるかどうかは、Track your parcel で追跡しているといち早くわかります。

https://www.parcelforce.com/track-trace

小包がイギリスに到着した後 (Arrived in the UK) 、Tracking Event に "Awaiting Customs clearance" と表示されると、覚悟が必要かもしれません…。

f:id:pecora_baabaa:20210109034033j:plain

表示の一例

この時点では、実際の請求金額がわからないので、手紙が届くまでドキドキします。

ちなみに、時と場合によると思いますが、関税が取られなかった荷物は "Arrived in the UK" のあとのステータスが "Released from customs" になっていました。

関税がかかる場合の Tracking Event 

ご参考までに、表示されていた Tracking Event を順番に書いておきたいと思います。

  • Awaiting Customs clearance
  • Customs charges raised
  • Reviced Customs charges raised
  • Released from customs
  • Sorted
  • Received at delivery depot
  • Prepared for delivery
  • Awaiting payment of customs charges

"Awaiting Customs clearance" から "Awaiting payment of customs charges" になるまで、およそ 20時間 でした。

関税が支払われるまでは、最寄りの営業所 (delivery depot) に留め置かれるようです。

関税請求の手紙 (Import parcel invoice and information)

追跡ページでの表示から数日で、関税請求の手紙が郵送されます。

その手紙に金額の内訳が書かれており、指定された金額を支払えば、小包を発送してもらえます。

関税の支払方法

Customs Charge | Parcelforce Worldwide か手紙で指定されているアドレスにアクセスし、 Parcel reference number(手紙に記載)を入力すれば、クレジットカードまたはデビットカードで支払えます。

また、支払いの際に配達希望日を選択できます(休日指定の場合は有料)。

電話や郵送など他の支払い方法も可能なようですので、詳しくは届いた手紙をご確認ください。

金額が適切でないと思う場合は、上記サイトから問い合わせも可能です
ただ対応が微妙で、ストレスの溜まる長期戦が予想されます…少額であれば、支払ってしまった方が小包も早く届きますし、心穏やかに過ごせるかもしれません…(個人の感想です)

関税を支払った後の Tracking Event 

ご参考までに、関税を支払った後 (Awaiting payment of customs charges) の Tracking Event は、下記のような感じでした。

  • Delivery scheduled
  • Prepared for delivery
  • Out for delivery
  • Delivered

 追跡を随時チェック

今回は、日本からイギリスに届いた小包の関税支払について書きました。

追跡をこまめにチェックしていれば、関税支払いの有無についていち早くわかりますし、支払うことになったとしても、素早く対応できると思います。

参考になった!と思っていただけたら、下のバナーを1日1回クリックいただけると嬉しいです( ´∀`)
ランキングに1票入ります。現在のランキング順位は、クリック後に表示される画面で確認できます

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スキマ時間に「聴く読書」しませんか?
Amazon audible なら、通勤時間、料理中、お風呂の時間などなど…本を持ち運ばずに読めるので、時間を有効活用できます!(疲れ目の時にも助かる…)
まずは無料体験で試してみてください → Amazon audible(オーディブル)